何苦楚魂

何苦楚 日々新也(なにくそ ひびあらたなり)

何苦楚・・・何事にも苦しむ事が楚(いしずえ)となる。

日々新也・・・どんな事があっても、新しい日が来る。

名将三原脩監督から、怪童と呼ばれた中西太氏へと引き継がれた言葉。
1999年、ヤクルトのアドバイザーとして指導していた中西氏から3代目として受け継いだ後、
自分なりのアレンジを加え「何苦楚魂」という言葉として岩村明憲が使用している。

画像をクリックすると拡大されます。
商品名をクリックすると商品詳細ページへ移ります。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comments are closed.